何とかなるの?

  • 2019.08.26 Monday
  • 11:09

「だまって俺について来い」

 

植木 等さま有難うございます。

 

かつての東京オリンピックの年の

ある映画の主題歌だそうです。

 

当時は

まだ子供で

 

いい加減な面白い曲

 

という

印象でした。

 

改めて

聞いてみると

ズームを引くように

違った景色が見えて参ります。

 

明るい歌唱と

あっけらかんとした

歌詞の前で自らの心細さが

はずかしいとさえ思えてきます。

 

でも

ガンバレとは

決して言わない。

 

空や雲

水平線

あかね雲

 

深いのか?

浅いのか?

 

そんな名曲ですな。

 

 

昼間ですがストロボでコントラストが付きました。

 

闇に舞うクラゲ?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「シロキクラゲ」に似ています。

撮影は2019年8月22日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

 

 

 

香ばしさに惹かれる!

  • 2019.08.24 Saturday
  • 09:36

暑さでの疲れが

出始める頃でしょうか。

 

久しく

食べてなくて

忘れていたものが

唐突に食べたくなったりします。

 

身体が

欲しているのでしょう。

 

小学1年生の頃

 

市販のお菓子は少なく

 

ビーフンの素揚げ

サツマイモの入った蒸しパン

 

など

 

手作りのおやつが主流でした。

 

中でも

 

はったい粉に砂糖を加え

お湯を加えて混ぜたものは良く覚えております。

 

でも

 

美味しいとは言えません。

 

まずいとか

美味しいでは

表現できない味わいです。

 

麦の香ばしさが良いですな。

 

また食べたいと

思わせる魅力があります。

 

これに

バター茶を

加えたものは

「ツァンパ」と呼ばれるそうです。

 

 

 

こちらも忘れられない魅力があります。

 

久しぶりに出会えました。

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ウマノタケ」に似ています。

撮影は2019年8月22日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

美味しそう!

  • 2019.08.22 Thursday
  • 11:48

「木枯らし紋次郎」

 

昔の時代劇です。

 

リアルタイムで

拝見しておりました。

 

主人公の

紋次郎が

裁縫セットで

着物を繕っていたり

 

トレードマークの

長い楊枝を削っていたりと

 

細部の描写が

興味深かったです。

 

ユーチューブで

見つけた食事シーンは

美味しそうに見えます。

 

内容は質素ですが

身体に良さそうな感じの食事です。

 

湯気の立っている

雑炊のようなものや

小魚の焼き物などにも

演出のこだわりが伝わってきます。

 

質素な食事なのに

食べてみたいと思ってしまいます。

 

やはり作り手の人柄でしょうか。

 

 

こちらは夏の置き土産と言ったところですな。

 

撮影は2019年8月22日です。

場所は兵庫県の宝塚市内です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

山はやまでも

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 15:35

「きのこの山」

「たけのこの里」

どちらも美味しい!

 

山を歩いていると

立ち入り禁止の札と紐で

入らないようにしてある区域があります。

 

きのこの山

ならぬ

まつたけ山です。

 

管理するのも

大変だと思います。

 

山では

マナーを

守りたいものですな。

 

自然に

生えてくるものが

貴重な存在のように感じてしまいます。

 

人の意識一つで

自然は良くできるのかも知れません。

 

 

ちょっと美味しそうです?

 

図鑑(山と渓谷社、山渓カラー名鑑、「日本のきのこ」)​​では「ツチカブリモドキ」に似ています。

撮影は2019年7月25日です。

場所は兵庫県宝塚市の公園です。

カメラは ニコン D60 です。

 

 

 

 

ここから別のゾーンです

  • 2019.08.18 Sunday
  • 08:21

兵庫県宝塚市の中山は

山頂の標高が478.2mです。

 

1000m未満の山でも

空気が変わる境目のようなものがあります。

 

沢筋

日当たり

斜面の方角など

 

標高以外の要素も

複雑に影響しているように感じます。

 

所謂

気の流れ

と呼ばれるものも

あるのかも知れません。

 

冷気以外にも

フィトンチッドだったりするのでしょうな。

 

それこそ

山に来た実感を

肌で感じる楽しみでもあります。

 

 

山の空気に包まれる大岩に水の流れが寄り添います。

 

撮影は2019年6月29日です。

場所は兵庫県宝塚市の中山です。

カメラは ニコン D60 です。